額縁サンプルの「晩秋の住吉神社」の作成手順です

(クリックすると実寸表示されます)

今回は画像の周りに額縁を付けるのではなく
画像と同じサイズの画面に額縁を作り 画像をあとで貼り付けてみます。
他の画像用にもリサイクルできるので便利です。


画像と同じサイズの新規画面を用意します。(画面1)

 (サンプルは 500×375の画像用です)
1回目の「余白作成+立体枠」加工をします。

「イメージ」→「余白作成」を選択し
余白の大きさを「2」
色は右の□をクリックするとパレットが表示されるので
赤⇒185 緑⇒185 青⇒115 に設定し「OK」します。

「加工」→「立体枠をつける」を選択し
太さを「2」、スムースにチェックを入れ「OK」します。
以下のように
「余白作成+立体枠」加工を さらに2回繰り返します。

2回目
 余白作成 大きさ⇒2、色⇒同じ
 立体枠   太さ⇒2、凹とスムースにチェック

3回目
 余白作成 大きさ⇒2、色⇒同じ
 立体枠   太さ⇒2、スムースにチェック

この画面をコピーしておきます。
4回目の「余白作成+立体枠」加工をします。

4回目
 余白作成 大きさ⇒30、色⇒同じ
 立体枠   太さ⇒10、凹とスムースにチェック


こんな感じになります。
余白に模様を入れます。

「加工」→「ノイズ付加」で以下のように設定し
「OK」します。

 ・ノイズ量 ⇒ 50
 ・カラーノイズ ⇒ OFF

コピーしてあった画像を合成貼り付けします。
  (「編集」→「合成貼り付け」)

「手のひらスクロール」で元の場所までドラッグし
位置が決まったら「位置確定」をクリックします。


ノイズ模様が外側の余白部分だけになりました。
「余白作成+立体枠」加工を あと4回行います。

5回目
 余白作成 大きさ⇒5、色⇒同じ
 立体枠   太さ⇒2、スムースにチェック

6回目
 余白作成 大きさ⇒2、色⇒同じ
 立体枠   太さ⇒2、凹ませるにチェック

7回目
 余白作成 大きさ⇒5、色⇒同じ
 立体枠   太さ⇒2、スムースにチェック

8回目
 余白作成 大きさ⇒5、色⇒同じ
 立体枠   太さ⇒2、スムースにチェック



(クリックで実寸表示)
中心部を額縁と同系色で塗りつぶします。

「編集」→「塗りつぶし」を選択し
額縁の色よりやや薄めに設定し塗りつぶします。



額縁はこれで完成です。名前を付けて保存しましょう。

この額縁は横4:縦3の画像用の額縁テンプレートとして
今後も再利用できるので大切に保存しておきます。
JTrimをもう1つ立ち上げ
額に入れたい画像を開きます。(画面2)

横500×縦375にリサイズまたはトリミングし
必要によって加工をします。
(サンプルは「オイルペイント+エンボス+文字入れ」)

コピーします。
画面1に戻り、合成貼り付けします。


は〜い、完成です!



=*= ちょこっと応用 =*=

(クリックで実寸表示)


完成画像がまだ開いている状態で
「元に戻す」で額縁だけの画面にします。
余白30px から内側だけをドラッグで範囲選択します。

(クリックで実寸表示)
「加工」→「ぶれ」を選択し
ぶれの大きさを「5」に設定し「OK」します。



選択を解除すると このようになります。

2つ目の額縁テンプレートの完成です。
名前を付けて保存しましょう。
画面2に移り
開いている画像を98%にリサイズします。
 (ぶれ加工で額縁部分が内側に広がったので)

コピーします。
画面1に戻り、合成貼り付けします。


は〜い、完成です!



他の画像(500×375)を貼り付けてリサイクルしてみました。

(クリックで実寸表示)
元画像は きーさん にお借りしました。



色・サイズを変えて400×300の画像用にリサイクルしてみました。

(色はカラーの「単色カラースケール」や「RGBの度合い」で変更できます)

(クリックで実寸表示)


Tutorial TOP


inserted by FC2 system