frameバナー

ワイドTV作成手順

ワイドテレビ完成


「額縁」と呼べるかどうかジャンル分けに迷う作品ですが・・・
流行のワイドTV風のフレームを作ってみましょう。
特定の比率で切り抜く手順も覚えておくと便利です。


1)
画面 1
画像 1
JTrimに写真を開き、横400にリサイズします。(画面1)

これがディスプレイ部分の横サイズになりますが、大きさはお好みで設定してください。
今回は応用作品でアニメを作ることを視野に入れて小さ目に設定していますが、 1枚だけの静止画像として使う場合は 横500ぐらいでもいいでしょう。

2)

画像 2

写真の周りにワイドTV風の枠をつけるので、ワイドテレビのディスプレイと同じ比率の 16:9に切り抜きます。

「座標指定切り抜き」で以下のように設定します。
 ・[座標1] X→0    Y→0
 ・[座標2] X→160  Y→90
 ・「縦横比を維持する」のチェックを外す

<参考>
[座標2]の数値はわかりやすいように 160 と 90 にしてありますが、16:9になる数値であればOKです。
また、今回は横長のワイドTV風の枠にしますが、従来型のテレビの場合はディスプレイ部分が4:3なので 2)〜4)の切り抜き作業は必要ありません。

3)
画像 3

写真の左上に160×90の枠が表示されます。
今度は「縦横比を維持する」にチェックを入れ、右下のハンドルをドラッグして右側いっぱいまで 枠を広げます。

画像 3a
4)

画像 4


画像 5

枠をドラッグして切り抜く位置を決め、「OK」します。

 

 

 

 

 

400×225 (16:9)の画像になりました。
必要に応じて「文字入れ」をします。

<参考>
4:3の画像をワイドTV風にする場合は上下をかなり削ることになるので、 それを覚悟で写真を選ぶ必要があります。
サンプルの場合も、遺跡の一部が見えなくなってしまって残念!

5)

画像 6

色の設定はお好みで
画像 19

「余白作成」と「立体枠」でテレビの枠を作ります。

【余白作成 1回目】
 ・余白の大きさ → 3(上下左右)
 ・色 → グレー (参考数値: 赤100 緑100 青100)

【立体枠をつける】
 ・枠の太さ → 3
 ・「凹ませる」にチェック

【余白作成 2回目】
 ・余白の大きさ → 27
 ・色 → 1回目と同じ色

上下左右に計30(3+27)の余白を入れたので、460×285の画像サイズになったことを確認しましょう。

6)

画像 7

下だけに さらに余白作成と立体枠加工をします。

【余白作成】
 ・余白の大きさ → 15 (下のみ)
 ・色 → 少し濃いグレー (赤:80 緑80 青80)

【立体枠をつける】
 ・枠の太さ → 2
 ・「スムース」にチェック

立体枠加工は追加した余白を範囲選択して実行します。
7)

画像 10

画像 11

テレビの土台を作るための余白を下に入れてから、文字入れで作図します。
背景色をあらかじめ白以外の色に設定しておきましょう。

【余白作成】
 ・余白の大きさ → 30 (下のみ)
 ・色 → 白

【文字入れ 1回目】
 ・句点を 5個 → MSゴシック、12、薄いグレー

【文字入れ 2回目】
 ・■ → MSゴシック、25、黒

お好みによりメーカー名を入れたりしてもいいでょう。
8)
画面 2

画像 12


画像 13


画像 14


画像 15

土台の部分を作るために JTrimをもう1つ立ち上げます。 次の手順で作画し、必要部分をコピーします。

 1. 600×100の黒の新規画面を作成
     (白の画面を作り「ネガポジ反転」)
 2. 「円形切り抜き」する
     (背景色→白、枠なし)
 3. 横200にリサイズする
 4. ズームインで画面を拡大、必要範囲を選択する
 5. コピー

<参考>
最初は文字入れの ●や ( の縦書きを使ってみましたがエッジが綺麗に仕上がらないので、 一手間多いこの方法を採用しました。
描画ツールのないJTrimでも いろいろな方法で作画してみると 『頭の体操』 になります。

9)
画面 1
画像 16

 

画像 17

画面1に戻り、「合成貼り付け」をします。
コピー部分が画面の左上に貼り付くので、ドラッグで位置を調整し「位置確定」をクリックします。
最後に、土台の周りの白がリサイズで混濁している場合があるので、許容範囲を設定して塗りつぶしておきます。

は〜い、完成です!

 

 

<参考>
完成画像は今後のリサイクル用にまず BMP で保存してから JPG で保存しましょう。  このTVフレームは、中の写真を入れ替えて何度でも使うことができます。

背景に色が付いている画面で使う場合は、土台の周りを同色で塗りつぶしましょう。  GIFで保存し背景を透過する方法もありますが、写真によっては減色で劣化が目立つことがあります。

10)
画像 18
(クリックで拡大します)

400×300のまま枠をつけてみるとこんな感じになります。
4:3 のカメラで撮った写真の全体を使いたい場合は、こちらのほうがいいですね。

 

ライン


=*= ちょこっと応用 =*=

保存してあるワイドテレビのフレーム部分をリサイクルしてみましょう。
これまで何度かご紹介した「座標指定切り抜き」と「合成」を使います。

TVリサイクル例

1)
画面 1
画像 16

BMPで保存してあるワイドTV画像を開きます。
↑で作成した画面をまだ閉じていない場合は、そのままでOKです。

2)
画面 2

画像 20


画像 22

「画面2」に新しい写真を開き、横400にリサイズします。
次に、↑の 2)〜4)の手順を参考に400×225のサイズに切り抜きます。

<参考>
「座標指定切り抜き」では一度「OK」すると座標が記憶されるので、 何枚かを同じサイズに切り抜きたい場合は続けて作業すると楽です。
もし、途中で別の数値を指定して「OK」していなければ、「座標指定切り抜き」を実行すると 直前に切り抜いた 400×225の枠が表示されます。
枠を適当な場所までドラッグして「OK」するだけです。

 

 

400×225になったことを確認し、コピーします。
3)

画面 1

画像 23

「画面1」に戻ります。

「イメージ」→「座標指定切り抜き」で以下の設定をします。
 ・[座標1] X→30   Y→30
 ・[座標2] X→430  Y→255
 ・「縦横比を維持する」のチェックを外す

ディスプレイ部分をピッタリと囲む枠が表示されたことを確認してダイアログボックスの×をクリックします。
選択枠が残ります。

画像 21

4)

画像 24

「編集」→「合成」で次のように設定します。

  ・「クリップボードから入力」にチェック
  ・合成方法で「上書き」にチェック

画像 25

「OK」するとピッタリと合成されます。
は〜い、完成です!

5)

画像 26

【アニメにする時のヒント】

ディスプレイ部分を Giam でアニメにする場合、テレビ枠が付いた画像を入れるのは1コマ目だけです。  2コマ目以降は 400×225に切り抜いた画像をセットして、左・上端の位置に TV枠用に作った余白と同じ数値を入れます。
サンプルの場合は 30(3+27)になります。

掲示板など容量制限がある場で使う場合は、容量に合わせてコマ画像の数を調整する必要があります。

アニメ版 サンプル

Tutorial TOP


Copyright © We Love JTrim. All Rights Reserved
inserted by FC2 system