素材サンプルの「固定背景」の作成手順です

サンプルはページの右下用の固定背景です。
(使用ツール: グラデーション、連結、フェードアウト、座標指定切り抜き)


JTrimを立ち上げ、背景用の画像を開きます。


必要によって「リサイズ」や「切り抜き」加工をします。

 (サンプルは400×300にリサイズ、
  画像の中心部分が右寄りになるように切り抜き)


画像サイズはあとで「座標指定切り抜き」に使うので
リサイズした場合はサイズをメモしておきます。
「カラー」→「グラデーション」を選択し、以下のように
設定し「OK」します。

 ・色 ⇒ 1、2 とも白
 ・方向 ⇒ いずれでも可
 ・不透明度 ⇒ 30〜40(元画像により調整)

色が薄くなりました。
色を薄くするのは、文字が重なっても読みやすいように
またフェードアウト加工をした時にできる斜めの線(?)を目立たなくするためです。

この画面をコピーしておきます。
「編集」→「連結」を選択します。

連結のダイアログボックスで以下のように設定します。

 ・「クリップボードから入力」にチェック
 ・方向 ⇒ 「上」または「下」
「OK」すると、このように縦方向に連結されます。

この画面をコピーしておきます。
再び「編集」→「連結」を選択し、以下のように
設定します。

 ・「クリップボードから入力」にチェック
 ・方向 ⇒ 「左」または「右」

「OK」すると、4枚連結された画像になります。
「加工」→「フェードアウト」で以下のように設定します。

 ・「フェードする範囲」を最大値に。
    (画像のサイズによって最大値が違います)
 ・「円形フェードアウト」のチェックを外す。


画像が大きい場合はズームを「ウィンドウに合わせる」に
設定して作業すると便利です。
「OK」すると、こんな感じになります。

<参考>
 フェードアウトは背景色にとけ込ますような加工なので
 使う画面に色がついている場合は「表示⇒背景色」で
 あらかじめ背景色を同色に設定してからフェードアウト
 します。
 同色の調べ方は「Tutorial⇒色調べ・色作り」を参照。


境目がより自然に見えるように
さらにフェードアウト加工をします。

2回目のフェードアウトでは
「フェードする範囲」を半分ぐらいにして「OK」します。


さっきより境界部分が目立たなくなりましたね。




<参考>

まだ角のフェード具合が気になる場合は
さらに同じ数値(半分ぐらい)で円形フェードアウトすると
左のような より自然な扇形の背景画像になります。
「イメージ」→「座標指定切り抜き」を選択し
以下のように設定します。

 [座標1] X→0   Y→0
 [座標2] X→画像の横サイズ  Y→画像の縦サイズ
座標2で設定したサイズの枠が左上に表示されるので
右下用の場合は そのまま「OK」します。


<参考>
・右上用⇒枠を左下までドラッグして「OK」
・左上用⇒枠を右下までドラッグして「OK」
・左下用⇒枠を右上までドラッグして「OK」


扇 形
は〜い、完成です!


(フェードアウトの数値は画像によって調整が必要です)





<参考>
4枚連結した状態で3回目に円形フェードアウトすると
扇形になって左上部分がより自然な感じになります。

また、この状態で「コピー ⇒ 元に戻す ⇒ 透明度を指定して合成」をすると、 さらに自然な感じにできる場合があります。
いろいろな方法を試してみましょう。


Tutorial TOP


inserted by FC2 system