ラインバナー


JTrimで線を引く方法について お問い合わせをいただきました。
描画ツールのないJTrimでも 簡単に線を引く方法をご紹介します。

1)
画像 1

このように画像の一部に線を引きたい時がありますね。

JTrimでも何種類かの方法で線を引くことができますが、文字入れの「下線」を使うのが一番手軽な方法です。
簡単に希望の色・長さ・太さの線を引くことができます。

2)
画像 4

(クリックで拡大します)

横線の描画

文字入れのダイアログボックスで「下線」ボタンをONにしてスペースキーを押すとスペース分だけ線がのびます。
線の太さはフォントサイズで、線の色は文字色で設定し、ドラッグで位置を調整して「OK」します。

画像 3
3)
画像 6

縦線の描画

縦の線を引きたい場合は、「縦書」ボタンも同時にONにします。

4)
画像 7

等間隔の複数線の描画

カレンダーのように同じ長さの線を等間隔で引く場合は、文字入れで複数の線を描き (1本目をコピー&ペースト)、「行間」で間隔を設定します。

5)
画像 9

画像 8

斜線の描画

斜めの線を引きたい場合は、「任意角度回転」で画面を回転させてから実行→元の角度に戻して必要部分を切り抜きます。
回転によって、どうしても線がぼやけた感じになってしまうので、 最後に「加工」→「シャープにする」を+1 または 2 入れると線がクッキリします。

 

<参考>
JTrimでの線の描画には、「文字入れ」の他にドラッグで希望の長さ・太さの線を描き、 選択範囲を「塗りつぶし」や「切り取り・消去」する方法もあります。
切り取りや消去を使う場合は、まず「表示」→「背景色」から背景色を線の色に設定してから実行します。 切り取られた部分が背景色で塗りつぶされるので、背景色の線ができます。
ドラッグでは水平線と垂直線しか描けないので、斜線を引きたい場合は上記と同じように 画面を回転させてドラッグします。

Tutorial TOP


Copyright © We Love JTrim. All Rights Reserved
inserted by FC2 system